割り切りの意味とは何か?わりきりやワリキリについて理解しよう

割り切りの意味とは何か?わりきりやワリキリについて理解しよう

割り切りとは

割り切りの意味とは何か?わりきりやワリキリについて理解しよう
 皆さんは「割り切り」という言葉にどの様なイメージをお持ちでしょうか?「物事を割り切って考える」「アイツとは仕事上だけの割り切った付き合いです」などの様に使われる事が多いではないでしょうか。多くの人の割り切りという言葉の認識はこれだと思います。しかし、割り切りという言葉がインターネット上で使われると少し意味合いが変わってきます。割り切りという言葉が使われる場所でその持っている意味合いが変わってしまう事をきちんと理解していないとトラブルになってしまう場合もあります。それでは、割り切りという言葉が持っている意味について、もう少し詳しく見ていきましょう。

一般的な意味

割り切りという言葉が一般的に使われる場合は、「一切の感情を割り切って物事を判断する事」という意味合いを持っています。「相手に忖度をしない」という事も割り切りが持っている意味に近いでしょう。また、男女間では「割り切った大人の関係」という風に使われる事もあるでしょう。この場合は、お互いに恋愛感情などを一切持たずにセックスをするだけの関係の事を意味しています。分かりやすい例でいうと、セフレ関係などがあてはまるでしょう。

インターネット上での意味

しかし、割り切りという言葉がインターネット上で利用されると意味が少し変わってきます。特にインターネットを介して男女が出会う出会い系サイトなどで使われる場合は注意が必要です。初めて、出会い系サイトを使う人や使い慣れていない人は、出会い系サイト内で割り切りという言葉を見ると、一般的に使われる意味合いに捉えてしまいます。しかし、この場合の割り切りという言葉は、「お金をもらう事によって気持ちを割り切った出会い」という意味になります。簡単にいうと、女性が希望する金額を支払えば、その女性とセックスする事が出来る出会い方の事を意味しています。出会い系サイト内では「ワリキリ」「わりきり」と書かれている場合もありますが、全て同じことを意味しています。

割り切りは合法?違法?

どうしても、インターネット上の男女の出会いでお金が絡んでくると危険じゃないの?と思われる方もいるでしょう。気になるのは法に抵触するのか、割り切りの出会いをすると逮捕されるんじゃないのかという点だと思います。結論からいいますと、割り切りの出会いそれ自体はグレーゾーンです。合法と違法を分けるのは、どの様な相手と割り切りをするかによって変わってきます。18歳未満や自分の意思で相手を選ぶことが出来ない人と関係を持った場合は違法となります。18歳未満に関しては説明の必要はないでしょう。高校生以下はNGです。18歳未満と関わると必ず罪に問われますので注意して下さい。自分の意思で相手を選べないのは援デリです。援デリについては後程詳しく説明させていただきますが、援デリの割り切りの相手を選ぶのは援デリを管理している業者です。この場合に罪に問われるのは援デリを管理していた業者になります。あなたは罪に問われませんが、警察の事情聴取などには協力しなければなりません。まとめると、割り切りの出会いそのものは違法ではありません。18歳以上の素人が相手で個人間の出会いであれば合法という事になります。

男女での認識の違い

 人間というものは自分の良いように物事を捉えがちです。割り切りという言葉には2つの意味合いがある事は説明させていただきました。出会い系サイトの募集で「これから割り切った関係で」「割り切り希望」という内容を見ると、男性はセフレを募集しているんだと考えてしまいます。しかし、女性はお金の絡んだ出会いを探しているのです。この考え方の違いが後々トラブルに発展してしまう原因となってしまいます。

割り切りと売春は違うの?

最後に割り切りと売春の違いについて説明させていただきます。お金の絡む出会いと聞くと、すぐに売春と考える方もいるかもしれません。先程も少し説明させていただいた通り、相手を自由に選べる場合はお金が絡んでいても売春にはあたりません。そうでなければ、恋人にプレゼントを贈ってセックスをする場合も広義の意味で売春になってしまいます。また、援デリは出会う相手や待ち合わせ場所などを全て決められていますので「管理売春」とも呼ばれています。この為に援デリと関わってしまうと売春という扱いになります。気を付けて下さい。

定番サイト登録無料

わりきり相手を安全に探すならココ!

トップへ戻る