JC(女子中学生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう

JC(女子中学生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう

JCと援助交際するリスク

JC(女子中学生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう
ここではJC(女子中学生)と援交をした時のリスクについて説明させていただきます。18歳未満と関わると…という内容を見かけることはあると思います。18歳未満で線引きをすると、女子高生が援交の相手である場合がほとんどですが、援交をする相手は女子高生に限りません。これ程までにインターネットが普及している現代社会において、援交被害の低年齢化が進んでいる実情があります。無料で利用出来る出会いアプリやSNSも多く存在しているので、異性と出会うきっかけが至る所に転がっている様な状態です。それでは実際の罪状なども併せて説明していきましょう。

援交が発覚する経緯

まずは援交が発覚する経緯について見ていきましょう。最初は緊張や恐怖感もあるのですが、回数を重ねていく内に慣れが生じて注意力が薄れていき、うっかり友人に援交の事を話してしまったり、お礼の金銭で高額な物を買い集めていくと、両親も不審に思います。問い詰められて援交している事が発覚してしまうケースが多くなっています。他にも補導されて色々と質問されている内にボロが出てしまう場合やインターネット上の違法性のあるやり取りを巡回・監視しているサイバーパトロールによって発覚してしまう場合も考えられます。もちろん、援交をしている女性が悪いのですが、警察の取り調べなどで関わりを持った男性も芋づる式に摘発される事も考えられます。

13歳未満とのわいせつ行為は強制わいせつ罪

ここでの援交相手のラインは13歳未満としています。まずは13歳未満とわいせつ行為を行った場合について見ていきましょう。13歳未満だと知っていて、肉体関係を持たずに性交類似行為をした場合でも強制わいせつ罪が適用されてしまいます。この場合、刑法176条で6ヶ月以上10年以下の懲役となります。何となくのイメージですが、男性が13歳未満の女児に対してわいせつ行為を行う様に思われがちですが、男女が逆の場合も適用されるように29年に法改正がされました。

13歳未満とのセックスは強姦罪

13歳未満とセックスをした場合は強姦罪が適用されます。日本では刑法177条によって13歳未満との性交は一律に禁止されています。これを侵してしまうと3年以上の有期懲役となります。ここで13歳未満か否かという線引きについて、少し説明させていただきます。国ごとに性的同意年齢というものが定められています。日本では性的同意年齢を13歳と決められています。性的同意年齢とは、性行為の同意能力があるとみなされる年齢の下限のことを表しています。つまり、性行為がどのような行為なのかを分かっていて、自分が性行為をしたいかしたくないかを判断できる年齢の事を指しています。この年齢を一つの基準をして法律を定めています。性交に関する事が判断できる年齢が13歳だからといって13歳以上の女児となら性交をしても良いかという事にはなりません。18歳未満との関わりが淫行罪に問われる事を忘れない様にしましょう。

家出少女の場合は監禁罪や誘拐罪

最近では家出少女の低年齢化も問題となっています。家出少女は寝泊まりする場所や食事に困っているので、神待ちをする事が多くなっています。神待ちとは寝泊まりする場所や食事を提供してくれる、神様の様な存在である男性を探す行為の事を指しています。神待ちをしている女性と男性をマッチングする掲示板も存在しています。女性は寝泊まりする場所や食事を提供してくれたお礼に肉体関係を許すという流れが一般的となっています。肉体関係を持つと強姦罪に問われる事は先程も説明させていただきましたが、なぜ、それに加えて監禁罪や誘拐罪に問われる事になるのでしょうか?家出少女の親から捜索願が出ている場合がそれにあたります。男性は寝泊まりする場所を提供するつもりで監禁したり誘拐したりするつもりが無くても、罪に問われる事になってしまいます。

発覚した際の対処法は?

年齢を確認していなかった、一時期の気の迷いだった、誘惑に負けたなどの言い訳は絶対に通用しません。しかし、あなたの身に絶対に降りかからないという事はありません。万が一にも援交をしてしまった場合は、早期解決に努めて下さい。自首をして言い訳をせずに反省する事が一番です。初犯の場合だと略式命令での罰金刑の場合もあり、拘留期間も短くなる場合もあります。また、穏便に解決する為に示談という方法もあります。示談交渉を進める場合は弁護士などに相談すると良いでしょう。

定番サイト登録無料

わりきり相手を安全に探すならココ!

トップへ戻る