JK(女子高生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう

JK(女子高生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう

JKと援助交際するリスク

JK(女子高生)と援交して逮捕される事態を事前に把握しておこう
ここでは女子高生と援交した時のリスクについて説明させていただきます。18歳未満と関わるとどの様な場合でも罪に問われるという事は他のサイトなどでも注意喚起がされていますが、万が一その様な事態になった時にどの様な事になるのかをきちんと把握しておかなければなりません。自分だけはその様な事に巻き込まれることは絶対に無いと思っていてもいけません。自分の身は自分で守るしかありません。十分に気を付けておきましょう。

18歳未満との援交が発覚した場合

まずは肉体関係が無く、食事を奢ったり、プレゼントを贈ったりする場合についてです。ここで問題なのは肉体関係があるかないかという事ではありません。問題なのは相手の年齢です。18歳未満と関わるとたとえ肉体関係が無い場合でも罪に問われる事になってしまいます。この様な場合を取り締まる法も整備されています。肉体関係が無いからといって、相手の年齢を確認せずに快楽だけに身を任せるのは止めておきましょう。

18歳未満とのセックスが発覚した場合

先程も説明させていただいた通り、18歳未満と関わる事が罪に問われるかどうかのラインとなります。18歳未満とのセックスが発覚した場合はどの様な理由があっても罪に問われる事になってしまいます。ある法律では罰則の上限は懲役2年、罰金100万円。公訴時効は3年。他の法律では10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処すると記載されています。この様に罰則を書き並べてみると非常に重い処罰が待っている事を改めて痛感しますね。また、18歳未満とセックスをしても罪に問われない場合があります。それは保護者の了解が取れている場合です。日本では両親の承諾があれば、女性は16歳以上で婚姻をする事が出来ます。この様な女性が相手であれば問題ありませんが、援交では絶対に出会うことは無いでしょう。

実名報道された場合

18歳未満と関わって、実名報道される場合はあなたの社会的地位が高い場合がほとんどでしょう。少し前に県知事が22歳の女性と援交をしていた事を覚えているでしょうか?18歳未満でも無いので何ら問題は無いのですが、社会的地位が高いばかりにマスコミの格好のネタにされてしまいました。最近ではSNSの発達により、悪い噂はあっという間に拡散してしまいますし、その事件は永久にインターネット上に残ってしまいます。あなたの社会的地位が高くて、その地位を守りたいのであれば軽はずみな行動は控えた方が良いでしょう。運が悪かったなどでは済まない事になってしまいますよ。

会社にばれた場合

最後は18歳未満と関わりを持ったことが会社にバレてしまった場合です。援交をしたことがバレるのは、相手の女性の両親から警察に通報される場合がほとんどです。よくテレビで見かける、早朝に自宅に警察官が逮捕状を持って来て逮捕される事態が、自分に降りかかるのです。パソコンや携帯電話も証拠品として押収されるので、会社に連絡をする事も出来ません。数日間、拘留される場合もあるので、無断欠勤が続いてしまい会社にバレてしまうという流れです。会社に援交及び逮捕された事実が知られてしまうと、示談で不起訴になったとしても退職をするしかなくなるでしょう。家族がいる方は離婚という事も考えておかなければなりません。

定番サイト登録無料

わりきり相手を安全に探すならココ!

トップへ戻る